米国高配当

(注目)高配当米国株ETF「VYM」を解説!おすすめ理由!

20210812_VYM01

大人気商品:高配当米国株ETF「VYM」ご紹介

今回は、みなさん大人気の米国高配当株ETF「VYM(VANGUARD HIGH DIVIDEND YIELD ETF)」を解説していきます!!

この記事でわかること
・VYMの商品概要は?
・VYMはいくらで購入できるの?
・VYMは何の銘柄に投資しているの?
・えるパパは「VYM」に投資しているの?

なんて疑問に解決します!この記事を見れば基本情報から投資先の理解までを整理することができます。

VYMを資産の中心にして投資を継続していると、分配金がいつどのくらいもらえるのか?利回りの情報に詳しくなってきたのでみなさんへご共有。VYMの分配金の知識が多く身に付き、ご自身が投資されるにあたっての判断材料にもなります!

「VYM」概要

20210812_VYM03
名称 VYM(VANGUARD HIGH DIVIDEND YIELD ETF)
運用会社 The Vanguard Group, Inc.
基準価格 $108.05 (2021/08/11)
直近分配金 $0.7523 (2/4回目)
分配金回数(年) 年4回(四半期毎)
分配利回り 2.79%
経費率 0.06%
20210812_VYM02

(出典:Yahoo Finance VYM)

(2021/08/11現在)$108.05で1口単位から購入することができます。12,000円程度で購入できるので、無理のない範囲で投資も可能です。更に、経費も0.06%と低い金額となっています。長期的に投資の観点からも、経費率が低いことは非常にうれしいですね。

20210812_VYM004

(出典:Yahoo Finance VYM)

ここ1年をさかのぼって基準価格をみてみましょう。ざっくりですが27%の基準価格がアップしていることがわかります。金融商品の投資で、1年でこれだけの高騰はなかなかですね。背景にはコロナショックで金融価格の落ち込みが当然ありますが。それでも素晴らしい!

最新情報はココ!(English)

(出典:Vanguard HP)

「VYM」配当金

20210812_VYM05

1口の保有で年間「$2.9」は素晴らしい数字とかんがえています。個別株なら十分に同様のリターンの可能性もありますが、ETFでこれだけのパフォーマンスは上出来とおもっています。

過去にも個別株に手を出して、ことごとく負けてきたので投資でリターンを得ることの難しさは十分わかります・・・。

「VYM」特徴って?

VYMの特徴
・ 米国株の配当利回りの高い約400銘柄で構成
・ 米国株の高配当ETFで最も構成銘柄が多い
・ 高配当ETFの中では最も経費率が低い

「VYM」組み入れ銘柄

20210812_VYM06

(出典:Vanguard HP VYM)

(2021/06/30時点)VYMの構成銘柄/業種は「(1位)金融」、「(2位)生活必需品」、「(3位)ヘルスケア」業界の銘柄が多くを占めていることがわかります。「JP Morgan Chase&Co」などの金融などは景気敏感のたかい銘柄のため、株価反映が早いので、基準価格への動きにも影響をあたえますね。

金融セクターの特徴
・銀行や保険、証券会社、消費者金融など、貸付や保険、資産運用に関するサービスを提供する企業が主に分類されます。主な収益源は金利ということもあり、景気にかなり敏感な銘柄です。金利上昇局面やマーケット状況が良いときには、強みを発揮します。

「VYM」投資する3つの理由

20210812_VYM07

えるパパは、「経費率が低い」にもかかわらず「配当金が多い」ことが魅力に感じています。これまで、数多くのETFや投資信託をみてきました。それでも、こんな高水準のパフォーマンスをだせる金融商品にはなかなかであえませんでした。

運用会社の「Vanguard」ってどんな会社?

20210812_VYM08
運用総資産 638兆円
本社 アメリカ、ペンシルベニア州バレーフォージ
従業員数 約17,600名
ファンド数 423本
オフィス 世界19か国
投資家数 約3000万人
重要視していること ①顧客重視、②低コスト、③長期投資

えるパパは「VYM」に投資しているの?

20210812_VYM09

(2021/08/11時点)えるパパの家族で保有しているVYMの保有実績です2021/08では66口の保有、収支は+\99,017になっていますね。うれしいです(にんまり)。現時点のマーケット高水準がいつまで続くか・・・はありますが、とりあえず長期保有していきます。

まとめ

今回は「VYM(2021/08版)」について解説してみました。参考にしてもらえたら嬉しいです。VYMはSPYDやHDVと並び、高配当銘柄なのに経費も低いのでえるパパ的にはお気に入りです。投資対象としても継続投資もしていきます!

今回の記事のサマリ
・VYMの概要:$108程度で買えます
・VYMの組み入れ銘柄:約400の高配当銘柄
・業種構成比率:金融、生活必需品、ヘルスケア
・えるパパ投資実績:66口保有、含み益\99,017

それでは。「えるパパ」でした!

20210812_VYM10