米国高配当

【ランキング】「2020年11月版」米国株式ETF!厳選ベスト3

202011米国株ETFランキングベスト3

こんにちは「えるパパ」です。

今回のテーマは、「資産運用」です。2020年11月版の今買うべき米国株式ETFのランキングを発表したいと思います!!11月はコロナウィルスのワクチン開発が進み、世界に明るい兆しが指している最中、注目したいETFについて解説していきます。

2020/11版米国株ETFランキング

ランキング基準

ETFランキング基準

米国株式

米国株式ETFに絞った範囲のランキングとなります。成長かつ世界を牽引する国アメリカがスコープです。

配当利回り

運用利回りを考慮して、ランキング付をおこないます。

配当利回りとは、購入した株価に対して1年間でどれだけの配当を受けることができるかを示す数値です。計算式は、以下のようになります。

配当利回り(%)=1株当たりの年間配当金額÷1株購入価額×100

つまり、配当金額が同じで購入株価が高いと配当利回りは下がり、購入株価が低いと配当利回りは上がります。また、購入株価が同じで配当金額が大きいと配当利回りは上がり、配当金額が小さいと配当利回りは下がります。配当金額から企業を評価する指標として、配当利回りの他に配当性向などがあります。

運用資産残高

ETFの資産残高を考慮して行きます。

Assets under management”運用資産残高”
投資家がどの程度その金融商品に投資している資産残高を示します。あくまで、その運用規模の大きさを指標として見ており、非常に重要な項目の1つとなります。

わたしの好み

筆者「えるパパ」の主観的な判断も入ります。あくまで、勝手なランキングの位置付けとなりますのでご了承ください。本ランキングは、必ずしも的中するとは限りません。

【ランキング】ベスト3発表

ランキング1位
通常モーニングスター配当フォーカス指数(同指数)の価格と利回りパフォーマンスに連動した投資成果を目指す。財務健全性が高く、同時に持続的に平均以上の配当を支払うことのできる、質の高い米国企業への投資機会を提供する。
レーティング
えるパパコメント 高配当米国株ETFの王道。コロナでも分配金は圧倒的なパフォーマンス。投資先も安心の財務健全先を購入。リスクを考えながら投資できる1品。ガツンとへこんでからの回復力はさすが。

詳細ページ公式ページ

ランキング2位
S&P500高配当指数(同指数)のトータルリターン(経費控除前)のパフォーマンスに概ね連動する投資成果を上げることを目標とする。同指数は、配当利回りに基づき、S&P500指数の採用銘柄のうち配当支払い上位80銘柄のパフォーマンスを計測。
レーティング
えるパパコメント またまた米国株ETFの王道。分配金は圧倒的なパフォーマンス。継続してホールドしたい1品。今後の成長にも期待。

詳細ページ公式ページ

ランキング3位
総額が大きい米国株式を構成銘柄とするS&P 500指数の投資パフォーマンスに連動する投資成果を目指す。米国の主要業種を代表する大型株500銘柄で構成され、米国株式市場のパフォー マンスを表すベンチマークとして知られる。
レーティング
えるパパコメント S&P500インデックス連動の王道。不景気でも確実にリカバリーしてくる安心の1品。コロナ影響にも着実に価格を上げてきています。

詳細ページ公式ページ

まとめ

今回は、2020年11版米国株式ETFランキングベスト3の発表をしました。コロナウィルスの最中、HDVの回復力と配当率の高さから、1位となりました。今後の成長も含めて注目して行きたいですね。また来月も、勝手にランキングをつけて行きたいと思います。

それでは。「えるパパ」でした。