米国高配当

(注目)デジタルデバイスの巨人「Apple Inc.」を解説!(2021年版)

20210816_Apple01

「Apple Inc.(アップル)」についてご紹介

どーも「えるパパ」です!

今回は、デジタルデバイスの製造会社「Apple Inc.(アップル)」について解説していきます。同社は社名の知名度と同時に、創業者の「スティーブ・ジョブズ」氏が有名。

この記事でわかること
・「Apple」ってどんな会社?
・「Apple」の株価は?
・「Apple」の配当金は?
・「Apple」株は買ってるの?
・「スティーブ・ジョブズ」ってどんな人?

なんて疑問に解決します!この記事を見れば「Apple Inc.」社の基本情報を押さえることができます。ご理解いただくことで、ご自身が投資されるにあたっての判断材料にもなります!

「Apple Inc.」創業者

20210816_Apple02
1955年 アブダルファン・ジャンダリとジョアン・シンプソンの間に生まれるが、養子に出すことが決まっていたため、生後まもなくポール・ジョブズ夫婦に引き取られる。
1968年 Appleのもうひとりの創業者スティーブ・ウォズニアック(以下ウォズ)と出会う
1972年 リード大学に進学するものの半年で中退
1974年 アタリ社入社
1975年 ウォズと共にApple Iを開発
1976年 Apple Iを販売。その利益で、ジョブズ・ウォズ・マークラで「アップルコンピュータ」を設立
1977年 Apple IIを開発・販売。爆発的なヒットをとげる(開発はウォズがほぼ独力)
1978年 Lisaの開発を開始
1979年 パロアルト研究所を見学した際に目の当たりにしたGUIに衝撃をうける。これが後にリリースされるMacintoshに大きな影響を与える事
1979年 ジェフラスキンがMacintoshの開発を開始
1980年 アップルコンピュータの株式を公開(IPO)
1981年 Lisaプロジェクトを追い出されたため、Macintoshの開発に参加
1983年 当時ペプシコーラの社長だったジョン・スカリーを「このまま一生砂糖水を売りつづけたいか? それとも世界を変えたいか?」と口説き落としAppleの社長に就任
1984年 Macintoshの販売を開始
1985年 5月にアップルの会長に就任するも、アップルでの全ての仕事を剥奪される。9月、Appleを辞任。新しい会社NeXTを立上
1986年 スターウォーズのジョージルーカスのコンピューター関連部門を買収し、ピクサーを立上
1991年 最愛のローレン・パウエルと結婚
1995年 ピクサー制作の「トイ・ストーリー」がヒット。
ピクサーを株式上場
1996年 アップルコンピュータがNeXTを買収することで合意。
非常勤顧問としてAppleに復帰
1997年 当時のCEOだったギルアメリオを追放し、アップルのCEOに就任
マイクロソフトからOfficeとInternetExplorerの提供
1998年 ジョブズ復帰初のMacとなる「iMac」を発売
2000年 正式にアップルのCEOに就任
2001年 iTunes、iPod、Mac OS Xを発売
2004年 膵臓がんと診断されるが、幸いにも治療可能なもので無事仕事復帰
2005年 スタンフォード大学の卒業式に招かれ有名な「Stay hungry, stay foolish(貪欲であれ、ばかであれ)」のスピーチを実施
2007年 iPhoneを発売
2009年 重度の肝疾患を患いCEOを休職。ティムクックが一時代行するも仕事に復帰
2010年 iPadを発売
2011年 再び病気療養することになりCEOを休職。ティムクックが代行することになるが、そのまま復帰することはなく8月にCEOを辞任。取締役会長に就任するも10月5日死去

スティーブ・ジョブズ氏は一言でいえば「ビジネス界の異端児」。タートルネックにヒゲの人。そして、Appleを素晴らしい仲間と共に設立した人。しかもその会社から追い出され、また入って再生させる。それも、素晴らしいデザインの製品を世に送り出してきました。

「Apple Inc.」について

20210816_Apple08
概要 アップルは米国のIT機器大手。メディアデバイス、PC、スマートフォン、タブレット端末などのデザイン・製造・販売に従事し、主要製品は「Mac」、「iPhone」、「iPad」、「iPod」、「Apple Watch」、「Apple TV」などの消費者製品で、「iOS」や「iCloud」、「ApplePay」なども展開する。デジタルコンテンツやアプリも販売する。
英文社名 Apple Inc
本社所在地 One Apple Park Way Cupertino, CA 95014 USA
電話番号 408 996-1010
設立年月日 1977年1月
代表者名 Mr. Timothy D. Cook
業種分類 IT・通信 (IT & Communications)
市場名 NASDAQ National Market System
従業員数 147,000人
ウェブサイト www.apple.com

(出典:Yahoo ファイナンス)

(2021/08時点)で設立から44年の会社。GAFAの中では最古参で歴史もある会社。スティーブ・ジョブズ以外にも、開発者のウォズも有名。創業当時は自宅ガレージからスタートした逸話も有名。

「Apple Inc.」の株価

20210816_Apple06

(出典:Yahoo Finance)

株価概要(2021/08/16時点)
株価:「$149」
・EPS(1株利益):$0.88
・セクター:Consumer Electronics(家庭用電気)

 

・「Apple Inc.」株価チャート

20210816_Apple07

(出典:Yahoo Finance)

(2021/08時点の)過去1年間の株価の推移を見てみましょう。2021/01には、$116弱まで株価を付けてた株価は、今や$149へ。今なお怒涛の勢いで、株価が上昇しています。ハイテク系銘柄の追い風もあり、Nasdaq銘柄はのきなみ株価アップしてます。

「Apple Inc.」株は買いなのか?
・「えるパパ」は個別銘柄としては購入していませんが、「VOO」や「QQQ」などを通じて間接的に購入をしています!

「Apple Inc.」の配当金は?

20210816_Apple09

「Apple Inc.」は、年間$0.88の配当金となっています。個人的には、意外と少ない印象。イケイケ企業なのに、配当は抑えているんですね。その代わりに、研究開発にお金を費やし、新製品を提供してくれているんですね。

 

・主要製品:①iPhone

20210816_Apple03

iPhoneは、画面に触れて操作する「タッチスクリーン」を備えた携帯電話です。 インターネットやメールをパソコンのように扱える、「スマートフォン」です。デザイン性や操作性に秀でており、どの年代にも愛されている「スマートフォン」です。

・主要製品:②mac book(PC)

20210816_Apple04

PowerPC搭載のノートパソコンiBookの後継機種、上位シリーズ「MacBook Pro」に対する廉価版と位置付けられ、デスクトップの「iMac」とともに、一般消費者向けモデルとしてAppleの主軸商品。しかし、2011/7/20にオンラインショップからの取り扱いは終了。

・主要製品:③iPad

20210816_Apple05

タブレット型端末のシリーズ名。 マルチタッチ対応の液晶ディスプレーを搭載し、オペレーティングシステムにiOSを採用。 インターネット、メール、音楽や動画の再生が可能なほか、iTunes Storeを通じてさまざまなコンテンツやアプリケーションソフトを購入することができる。

創業者「スティーブ・ジョブズ」の死去

20210816_Apple10

業界激震のニュースでした。

出典

(出典:日本経済新聞)

まとめ

今回はおしゃれデジタルデバイス作っている「Apple」について解説しました。個別銘柄に興味のあるかたの投資判断につながるとうれしいです。今もなお、成長が止まらない会社。今後も目が離せませんね。

今回の記事のサマリ
・Apple創業者: スティーブ・ジョブズ氏
・Apple社概要:デジタルデバイスの設計・製造・販売
・株価:$484(2021/08/10時点)
・配当金:$0.88/年 (2020年実績)
・市場:Nasdaqへ上場

それでは。「えるパパ」でした!

20210816_Apple11