米国高配当

(注目)高配当米国株ETF「HDV」を解説!投資あり?なし?

20211128_HDV01

大人気ETF:高配当米国株ETF「HDV」ご紹介

今回は、みなさん大人気の米国高配当株ETF「HDV(iShares Core High Dividend ETF)」を解説していきます!!

この記事でわかること
・HDVの商品概要は?
・HDVはいくらで購入できるの?
・HDVは何の銘柄に投資しているの?
・えるパパは「HDV」に投資しているの?

なんて疑問に解決します!この記事を見れば基本情報から投資先の理解までを整理することができます。

HDVを資産の中心にして投資を継続していると、分配金がいつどのくらいもらえるのか?利回りの情報に詳しくなってきたのでみなさんへご共有。HDVの分配金の知識が多く身に付きます。ご自身が投資されるにあたっての判断材料になればとおもいます。

「HDV」概要

20211128_HDV03
名称 HDV(iShares Core High Dividend ETF)
運用会社 Blackrock
基準価格 $96.99 (2021/11/29)
直近分配金 $2.456568 (3/4回目)
分配金回数(年) 年4回(四半期毎)
分配利回り 3.15%
経費率 0.08%
20211128_HDV02

(出典:Yahoo Finance)

(2021/11/28現在)$96.99で1口単位から購入することができます。11,300円程度で購入できるので、無理のない範囲で投資も可能です。更に、経費も0.08%と低い金額となっています。長期的に投資の観点からも、経費率が低いことは非常にうれしいですね。

20211128_HDV04

(出典:Yahoo Finance)

ここ1年をさかのぼって基準価格をみてみましょう。ざっくりですが12%の基準価格がアップしていることがわかります。1年間でこの運用成績は立派!かつ高配当。いう事なしですよね?これだけでも十分に投資対象として考えられますね。

最新情報はココ!(English)

(出典:Blackrock HP)

「HDV」配当金

20211128_HDV05

1口の保有で年間「$3.6」は素晴らしい結果ですね。個別株なら十分に同様のリターンの可能性もありますが、ETFでこれだけのパフォーマンスは上出来きですね。個別株で高いリスクを取るなら、分散投資できるETFの方がリスクは押さえられますよね。

「HDV」特徴

HDVの特徴
・ 米国株の配当利回りの高い約74銘柄で構成
・ 米国株の高配当ETFで最も構成銘柄が多い
・ 高配当ETFの中では最も経費率が低い

対象企業をしぼって、高配当を狙っていく。最短距離で配当をあつめる方針には大賛成と個人的にはおもっています。その分、リスクもありますが・・・。

「HDV」組み入れ銘柄

20211128_HDV06 20211128_HDV07

(出典:Blackrock HDV)

(2021/11/27時点)HDV成銘柄/業種は「(1位)ヘルスケア」、「(2位)エネルギー」、「(3位)生活必需品」業界の銘柄が多くを占めていることがわかります。石油系メジャーが上位を占めており、投資割合も10%弱と高いことがわかりますね。

ヘルスケアセクターの特徴
・国単位で高齢者の数が増えるほど医薬品などの医療費が膨れ上がります。そのため、ヘルスケアセクターの業績は将来的にも期待が高く、景気動向に左右されずらい。事実、コロナ感染下の市況では株価は強いです。

「HDV」投資する3つの理由

20211128_HDV08

えるパパは、「経費率が低い」にもかかわらず「配当金が多い」ことが魅力に感じています。数ある投信投資やETFの中でも最優良の1つと考えています。どれにしよう~か悩んでいるなら、検討候補の1つにいれてもいいはず。それだけ、人気やパフォーマンスの高いETFとなります。

高配当ETF比較

20211128_HDV09

(出典:Bloomberg)

他社同等ETFとの比較を整理してみました。経費率は小さいながら最高値。直近配当金も3%超となり優秀な成績です。

運用会社「Blackrock」について

20211128_HDV10
運用総資産 6.96兆ドル(約752兆円)
本社 アメリカ、ニューヨーク州ニューヨーク
従業員数 日本:約370名 グローバル:約8,629 名
ファンド数 922本(業界首位)
世界シェア 36%(業界首位)

ブラックロックは、8人のパートナーにより、1988年にニューヨークで設立されました。創業以来、既存の枠組みにとらわれず、刻々と進化を重ね、資産運用を通じて最終的に人々の豊かな人生設計に貢献することに情熱を傾けてきました。

ブラックロックのパーパス(※)は、より多くの方々が豊かな生活を送ることができるよう、サポートすることです。お客様の資金を預かり運用するフィデューシャリーとして、また金融テクノロジーにおけるリーダーとして、お客様の目標実現に必要なソリューションを提供しています。ブラックロックの運用資産残高は6.96兆ドル(約752兆円)です(2019年9月末時点)。

(出典:マネックス証券)

えるパパは「HDV」に投資しているの?

20211128_HDV11

(2021/11/27時点)えるパパの家族で保有しているHDVの保有実績です2021/11では77口の保有、収支は+\65,698になっていますね。うれしいです(にんまり)。現時点のマーケット高水準がいつまで続くか・・・はありますが、とりあえず長期保有していきます。ロングホールドでいきまっせ。握力きたえます。

まとめ

今回は「HDV(2021/11版)」について解説してみました。参考にしてもらえたら嬉しいです。高配当銘柄なのに経費も低いのでえるパパ的にはお気に入りです。投資対象としても継続投資もしていきます!

今回の記事のサマリ
・HDVの概要:$96程度で買えます
・HDVの組み入れ銘柄:約74の高配当銘柄
・業種構成比率:ヘルスケア、エネルギー、生活必需品
・えるパパ投資実績:77口保有、含み益\65,698

それでは。「えるパパ」でした!

20211128_HDV12